ソーシャルレンディングの注意点、問題点

ソーシャルレンディングはメリットも多い反面、リスクがあることも十分に抑えておく必要があります。

・貸し倒れ

通常の金融業者の場合、担保や保証があればその権利を行使して回収します。しかし、ソーシャルレンディングの場合、サービス会社が返済を肩代わりすることはありません。つまり貸し倒れのリスクは全面的にレンダーが負うことになります。

対策としては、担保や保証付きのボロワーや、企業の代表者が保証しているもの等、信用度の高い借り手を選択すると貸し倒れが発生した場合、資金が返ってくる可能性は高いです。

・サービス会社の破綻

どのサービス会社も規模が決して大きいとは言えず、サービス会社自体が破綻する可能性もあります。万一サービス会社が破綻した場合、投資した資金が返ってこないリスクがあります。サービス各社とも、万一に備えたセーフティ機構を備えており、サービス会社破綻の際にもレンダーの資金が極力守られるようにはなっていますが、実際にその仕組みがどこまで役に立つかは保証がありません。

ここでの対策としては、サービス会社の経営状況を定期的にチェックすることで経済状況が確認できます。貸出額が減少していたり、貸し倒れ率が急に増えた場合、サービスの仕組みや会社に問題がある可能性が高く、危険な徴候と言えるでしょう。

・途中売却・解約は不可

銀行の定期預金はいつでも解約可能で、国債や株式などもまた、いつでも売却が可能です。しかしソーシャルレンディングで一度お金を貸してしまうと、貸出期間中に解約することができません。リターンがあるのは決められた月々の返済額程度です。

TATERU Lendingは例外的に途中解約が可能なサービスとなっております。

  参考になったらソーシャルシェア:

執筆者: OSL編集部

OSL(大人のソーシャルレンディング)編集部。ソーシャルレンディング会社の徹底解析から実際の運用まで、ソーシャルレンディングの魅力と動向を追いかけます。