クラウドクレジットの特徴、メリット、デメリット | 海外の新興国向けに高利回りで少額投資

会社概要

クラウドクレジットは日本以外の新興国向けの案件を扱うソーシャルレンディングサービスです。

クラウドクレジットはクラウドクレジット株式会社によって運営されています。主要株主に伊藤忠商事、マネックスベンチャーズなど大手の資本も入っており、バックボーンに安心材料があります。

会社設立は2013年1月、ソーシャルレンディング事業は2014年6月からスタートさせています。

特徴

最大の特徴は投資対象を日本以外の新興国に特化させている点です。
クラウドクレジットでは、海外のクラウドファウンディングの事業者へ投資することで、以下の新興国を対象にした案件を取り扱っています。(一部)

■北米・南米
ペルー、ブラジル、チリ、コロンビア、メキシコ、

■アフリカ
南アフリカ

■欧州
エストニア、スロバキア、フィンランド

1案件ごとの募集金額は500万円〜2千万円など少額の募集であることが多く、金利も10%を超えるものも少なくありません。

メリット

高金利の案件が多く、最低投資額が1万円〜と少額で運用可能。

デメリット

運用が海外提携先に一任されており、運営先の管理体制や審査状況、担保状況が把握しづらいという点はデメリットといえます。案件ごとに提携している投資会社が決まっているので、投資会社のホームページ(英語)で審査に対する考え方などをチェックするのも良いでしょう。

担保と保証

担保と保証はクラウドクレジットが貸付している提携事業者に依存しています。

ペルー小口債務者支援プロジェクトの例では、担保や保証という方法ではなく、小口分散投資を行うことで、一定割合貸し倒れは起こるという想定のもと、統計的に資金を回収が出来る貸付を行っています。

また、新興国の事業向けローンでは、「実物資産による裏付け」という表現が用いられています。これは不動産など売却可能な資産があるため、日本で言う不動産の担保と同じような効果があると公式サイトで紹介されています。

また、貸し倒れリスク以外にも貸付対象国の法律変更によるカントリーリスク、為替変動によるリスク、投資会社の信用リスクなどさまざまな外的要因リスクもあります。詳細は各案件ごとの投資スキームに記載されていますので、事前にしっかりと確認してみると良いでしょう。

詳細情報

運用利回り 5.3%~14.7%(運用手数料差し引き後)
運用期間 7ヶ月〜48ヶ月月
最小投資金額 1万円〜
口座管理費 無料
運用手数料 案件により1%程度の運用手数料あり
入金手数料 投資家負担
出金手数料 無料

会社情報

会社名 クラウドクレジット株式会社
設立 2013年1月
資本金 公式ホームページに公開なし

ペルー、メキシコ、エストニアに子会社あり。

提携会社

提携会社
KOBRANZAS SAC ペルー
Bondora(旧Isepankur AS) エストニア
PRESTIAMOCI イタリア
FELLOW FINANCE フィンランド
Mintos ラトビア
CREAM FINANCE ポーランド
MFX Solutions アメリカ
OVAMBA 南アフリカ
MOGO FINANCE ラトビア
SAVY リトアニア

財務情報

会社ホームページに公開なし。


公式サイトを見る

  参考になったらソーシャルシェア:

執筆者: 大人のソーシャルレンディング編集部

OSL(大人のソーシャルレンディング)編集部。ソーシャルレンディング会社の徹底解析から実際の運用まで、ソーシャルレンディングの魅力と動向を追いかけます。