PocketFunding 沖縄発のソーシャルレンディングサービスが登場!不動産案件が中心

Pocket Fundingは沖縄発のソーシャルレンディングサービスで、2017年8月よりサービスをスタートさせた新しいソーシャルレンディングサービスです。

会社概要

運営はソーシャルバンクZAIZEN株式会社が運営しており、会社設立自体は2015年12月となっています。ソーシャルバンクZAIZEN株式会社は沖縄を地盤とする財全グループの関連会社となっています。財前グループはファクタリングや不動産担保ローンなど、不動産とファイナンスを主に扱っている会社ですので、実績はありそうです。

代表の宮城 左門氏は、沖縄県産業振興公社の情報によれば、大手外資系金融機関に20年近く勤務。金融法人営業部を統括された経歴を持っています。

特徴

沖縄の不動産案件を中心に扱う

現在沖縄の物価は上昇している地域も多く、投資対象としては、非常に魅力的になっています。

目標利回りは標準的

目標利回りは4.0%〜とホームページでも紹介されています。実際の募集案件を見てみると約6%〜9%の案件が中心となっています。

メリット

1.利息が毎月分配で1年以内の短期案件が中心

Pocket Fundingの案件は、利息は毎月分配となっています。十分な投資額があれば、利息分を次の投資に回すことができますます。また12ヶ月以内の短期案件が多いのも特徴で、投資金額も2万円からとなっていますので、投資家の方にとって、投資金を比較的柔軟に動かしやすいといえるでしょう。

担保と保証

案件の大部分が不動産担保となっています。また、第1抵当順位となっている案件が多く、回収がしっかりとできる仕組みが作られていると言えるでしょう。担保評価額は十分な額が設定されています。

サービス概要

運用利回り 年利6.00%〜9.00%
運用期間 5ヶ月〜13ヶ月
最小投資金額 1万円
口座管理費 無料
入金手数料 投資家負担
出金手数料 投資家負担


会社情報

会社名 ソーシャルバンクZAIZEN株式会社
設立 2000年8月
資本金 100,000,000円


財務情報

会社ホームページに公開なし。


公式サイトを見る

  参考になったらソーシャルシェア:

執筆者: 大人のソーシャルレンディング編集部

OSL(大人のソーシャルレンディング)編集部。ソーシャルレンディング会社の徹底解析から実際の運用まで、ソーシャルレンディングの魅力と動向を追いかけます。